***DAIJIRO the HERO***
<第3章>


ここでは皆さんから寄せられました大治郎選手のエピソードや思い出を毎回少しずつ紹介させていただきます。大ちゃんがどんなライダーだったのか?皆さんと大ちゃんとの出会い、どんなところが好きだったのか?などいろいろ語ってくださってますので、ぜひ読んでくださいね。
そして毎回管理人から『思い出の1枚』と題して、これまでの写真の中から1枚ずつエピソードを添えて紹介していきたいと思います。
読んだ感想等はBBSへどんどん書き込みしてくださいね。(但し、中傷的書き込みは禁止・削除させていただきますのでよく注意事項をお読みください)

2001年の開幕戦、鈴鹿にて。大治郎応援シートを買っていた人への特典として、本人サイン入りのパンフレットがもらえることになっていました。金曜の朝からさっそく観戦に駆けつけ、パンフレットをゲットしようとスタッフに会うと、「いや〜大ちゃん今朝寝坊しちゃってさー、まだサインできてないんだ〜」とのこと。当日までやってないところといい、開幕戦その日まで寝坊しているところといい、つくづく大物でした・・・。 (岐阜県 うさうささんより)
私が生大ちゃんと遭遇したのは2000年のホンダの感謝祭INオートポリスでした。晴天が途中で崩れ、そぼ降る雨と吹きすさぶ冷たい風の中、高武さんのよ しみで、玉やん、それに大ちゃんが来てくれている事もあり、会場はかなりの盛況でした。
そんななか、選手のみなさんの登場まで時間がまだあったので、寒 さに負けてトイレに向う途中で大ちゃんに初遭遇してしまいました(笑)初めはTVでしか見た事が無く私より遥かに小柄な大ちゃんに戸惑うばかりで口をパクパク させている私を見て大ちゃんが少し恥ずかしそうにあの独特な「ふふっ」という 笑い声と共に私の前を通り過ぎトイレに消えて行きました(^^;)『あ〜!だいちゃんだ〜〜〜!』とやっと思考回路が復旧した時に大ちゃんがでてきたので興奮 のあまり、握手とサインと写真を一気に頼んでしまいました。すると、「ちょっとちょっと」といってトイレの隣の選手控え?のブーステントの中にいれてくれたんですよ!(感涙)多分混乱を防ぐ為だったのかも知れませんが・・。肩に手を回してもらって撮ってもらったその時の大ちゃんとの写真やサインは今でも宝物です。 モタード大ちゃんレプリカ仕様にして、大ちゃん地味ヘルでバイクたのしみます !!大ちゃん大好き! (熊本県 まりじろーさんより)
これは・・・私が友達の飛鳥ちゃん(約10年前から大ちゃんの応援をしていました)から聞いた話なのですが 飛鳥ちゃんが始めて大ちゃんと会った時、飛鳥ちゃんは、その場に大ちゃんが来ることを知らなかったそうです。 前方に大ちゃんの姿を発見し、驚きのあまり「大chanだ!」と口にしてしまった 飛鳥ちゃん。 次の瞬間「あ!しまった↓『大chan』って言っちゃった・・・年上なのに・・・ 。しかも初対面・・・」と思ったと。 ところが大ちゃんはにこっと笑って、「こんにちわ〜」と言ってくれたそうです。慌てて「こ、こんにちわ、か、加藤san・・・」と言うと、「あっれ〜?大chanで いいよぉ」と言ってくれたそうです。 この初めて会った日のこと。
飛鳥ちゃんはモデルさんのように背が高い(大ちゃんより10cmは高い)ので すが (飛鳥ちゃんは、未だに身長のことで嫌な思いをしているみたいで、身長コンプレックス*苦) 大ちゃんは身長を比べたりはしなかったんだけど、 一緒にいた人(飛鳥ちゃんの知り合いの知り合いの知り合いだったかな)が 「お〜(背)高いなぁ」と。(その人は飛鳥ちゃんより高い。電話で話したことがあっても、その人と飛鳥ち ゃんが会うのも初めてだったそう) いつもの事だし、「あはは〜」って感じで流したら、 「身長は大きいのに(その人のこと)腰の位置・・・(飛鳥ちゃんと)同じくら いだね」と大ちゃん。 「こいつの足が短いんだよ(笑)」と別の人。 みんなはその時「そうだそうだ(笑)こいつが短い」って言ったけど、大ちゃんだけ(飛鳥ちゃんに向かって)「違うよ。長いんだよね〜(にっこにこ )」と。
この時、飛鳥ちゃんは「あ・・・大chanは、ちょっとみんなと違う・・・」と思 ったそうです。飛鳥ちゃんは何度か大ちゃんに手紙を書いていたそうです。 大ちゃん宛ての手紙には、必ず書く言葉がいくつかあったそうなのですが、 1つがコレ。『安全運転で頑張って!』。その日、飛鳥ちゃんが、「レースで転ばないようにね」と言ったら 「えっ?・・・あ〜(笑)はいぃぃ(笑)」と大ちゃん。 (飛鳥ちゃん曰く、手紙と同じこと言ってるって思ったんだろうと。) で、「安全運転でね(笑)」って言ったら、大ちゃんに突っ込まれたそうです。「えっ?安全運転なの?・・・・・うん、そうだよね、安全運転ね(笑)」って。
以前、大ちゃんのサインを飛鳥ちゃんから貰ったのですが、 サインと言えば・・・大ちゃんはよく間違って書いたそうです(笑)。飛鳥ちゃんの持ってるサイン。何枚か日付が可笑しい。サインを書いて、日付を書こうとする大ちゃん。「あっ・・・・・・・・」(間違った数字を書いちゃって)。
さらには、日付を書こうとしてペンが止まる大ちゃん。しばらく考えた末、書いたのは『?日』。 飛鳥ちゃんの持ってるサインの中には、この『?日』が多い。(何月かはあって るんだけど) 1枚だけ『○日』となっているのもありました。 さらには・・・ゼッケン番号も書いてと頼んだ時のこと。 違う番号を大ちゃんが書いてるのを見て、飛鳥ちゃんが、「大chan・・・違う・・・」と突っ込んだら 「あっ・・・・・。」と大ちゃん。 「・・・書き・・・書き直すね」とその横に書き直してくれて・・・ だからゼッケン2つあるみたいになってるのが、飛鳥ちゃんちには何枚か・・・ (笑)。
大ちゃんに、飛鳥ちゃんと飛鳥ちゃんの友達とで 「今度、大chanパズルを作る!」とか言ってたのに、(しかも、大ちゃん自身にお気に入りの写真まで選んでもらったと。)大ちゃんパネルを作ったまではいいけど、そのパネルをパズルにするためにバラバラにしなきゃいけないのに写真とは言え、大ちゃんの写真をバラバラにする事が出来なくて、結局パネルの まま見せたら 「パズルじゃなかったの?」と突っ込まれて、「・・・痛そうでバラバラに出来なかった・・・」と飛鳥ちゃんが言ったら 「えっ?!・・・痛そう・・・・何が?手?」と言われちゃった事があったそうです。
他にもまだまだ大ちゃんエピソードは聞いているのですが、ひとまずこれだけ。本当に、「あぁ・・・この子は大ちゃんのこと、大好きなんだなぁ。何て幸せそうに大ちゃんのこと話すんだろう」 って思える表情・口調で大ちゃんのことを話す子なので、聞いてるこっちまで、笑顔になってしまうんです。私がまだ大ちゃんの存在を知らなかった頃、彼女から大ちゃんの話を聞いていて 、全然、加藤大治郎という人間もバイクのことも知らないのに、聞いてて苦でもな く、つまらないとも感じず、 どんどん「それで?それで?」って聞き入ってしまう感じで・・・。
また穏やかに大ちゃんのことを話せるように・・・前の笑顔を取り戻して欲しい です。 (北海道 莢子さんより)
兄が2輪レースの世界にのめりこんで、私はそんな兄につられるように、2輪レースが大好きになりました。私が2輪レース観戦にはまってしまった理由はもうひとつあります。それは、加藤大治郎という選手がいたこと。テレビで大 ちゃんが優勝したレースが流れていて、一目ではまってしまいました。そのスピ ードと強さの反面、その後のインタビューではかわいらしくあどけないあの笑顔 !!一目ぼれ状態でした!それに若いのに結婚してて子供もいて。とてもはまっ てしまいました。
今こんな事を書きながらも悲しみでいっぱいです。でも大ちゃんが愛した2輪の世界を私はこれからも愛していきたいです!!!本当にお疲れ様でした! 74永遠・・・・!!!!(岡山県 ゆりさんより)

管理人からの1枚  1999年8月29日(日)

もて耐での大ちゃんです。この年、チーム国光から高橋国光選手、長谷見昌弘選手、飯田章選手の3人で出場、そのチーム監督として加藤大治郎監督が誕生しました。(ちなみに助監督は雄一くん、ヘルパーには大林素子さんという豪華なメンバーでした)
監督自らストップボード持ちをしたりもしていましたね。普段は走っている側の大ちゃんでしたが逆の立場に立ち、一番大変だと感じたことが「7時間立っていること」だったそうです。でも途中フラフラしてたのは気のせいでしょうか??笑。レース後のビールかけではいたずらっ子ぶりを発揮していた大ちゃんでした。
今年のもて耐は8/31に行われます。夏休み最後のサーキットに皆さん足を運んでみてはいかがですか(^^)
この写真は今でも部屋のコルクボードに飾ってあります・・・